男だけど自分の精子を飲んでみた。まずくない!飲む方法とコツ教えます。

コンドウです。

自分の精子って飲んでみようと思ったことありますか?

普通はまあ…ないですよね。

ボクも今まで自分の精子を飲んでみようなんて思ったことありませんでした。

でも、今回飲んでみることにしました。

なぜ飲んでみようと思ったか?

それはボクの日課「1日1初体験」のためです。

「1日1初体験」をやっていなければ、

自分の精子なんて一生飲むことはなかったでしょう。

でも「1日1初体験」のおかげで、精子を飲む経験ができました。

実際に自分の精子を飲んでみて、飲んでみてよかったなぁと真剣に思っています。

自分の精子を飲んでみようと思ったきっかけ

精子を飲んでみようと思ったのは、

メンタリストDAIGOさんのYouTube動画がきっかけでした。

「精液の99%は麻薬成分~男女の射出物の化学」という動画です。

精液のうち精子は2~4%くらい。

残りの精液の中には鬱を抑制する物質だったり快楽物質だったり幸福物質だったり、

とにかく有益なタンパク質やホルモンがたくさん含まれていて、

それは別に膣からじゃなく、口から摂取してもいいんだ、というような内容でした。

1日1初体験のいいネタゲットーーーーー!!

自分の精子を飲んで快楽が得られるなら、飲まなきゃもったいなかろう。

自分の精子を飲んでみた

さっそく飲んでみようと思いましたが、さてどうやって飲んだものかと。

ネットでググってみると、

自分の精子を飲むことに興奮する人がいて、精子の飲み方を解説してくれていました。

その人いわく、時間が経つと雑菌がわくのですぐに飲むのがよいと。

だから、コップなどに出してから飲むのではなく、そのまま直で飲むのがよいというのです。

やり方は、いわゆるまんぐり返しのような格好で直接口に入れるという方法。

そんなアクロバティックな格好をしながらイケるものなのか半信半疑でしたが、

実際にやってみると若干の工夫は必要でしたが、ちゃんとイケました。

ちゃんとこぼさずに口の中に入れる事にも成功しました

これから実践する君へコツをお教えします。

↓↓

イキそうになってからその姿勢に体勢を変えると、

いったんイキたいのが治まってしまうので、

その体勢からもうひと刺激を加えることで射精に至ることができます。

ただ直接口に入れるのがちょっと難易度が高いです。

下手に精子が飛んでしまうと狙いを外してしまいます。

狙いを外すと顔や体に飛んでしまうので、上半身は裸になりましょう。

つまりは全裸っててことです。

上から下に向かって重力のままに飛んでくるので、

そんなに狙いが外れるくらいにぶれることはないと思います。

ただその時の姿だけは絶対に誰にも見られないようにしてください、まじで。

誰かと同居している人は細心の注意を払って実践してください。

傍から見たらやばいくらいに滑稽な光景です。

自分の精子を飲んだことよりも、正直この姿のほうがよっぽど恥ずかしいです。

逆に精子を飲んだことについては、なんの後悔も背徳感もありませんでした。

飲んでみてよかった!と思ったくらいです。

自分の精子を飲んでよかったこと

まず、自分の精子の味を知ることが出来ます。

何回か飲んでみましたが、基本的に味は同じです。

精子を飲んだことがあると女性と精子の味の話ができます。

女性は飲んだ経験のある人が多いですからね。

自分の経験談から自然な流れで下ネタの話題に入っていくことができます。

DAIGOさんに言わせると、いろいろな有益なタンパク質やホルモンが含まれているので、その有益な物質を摂取しているということになります。

オ〇ニーをして気持ちよくなった上に、有益なものの摂取もできるわけです。

最高すぎませんか?

自分の精子の味

精子の味は、苦いなんてよく聞くと思います。

自分の精子を飲む時の一番の興味が味でした。

実際に飲んでみると、ボクの精子の味は完全なるオクラでした。

全然苦くもなんともない、そして甘くもない。

ただただオクラの味がしました。

精子を飲んだ後でなにか飲み物で口の中を洗い流したいという衝動もいっさいなし。

後味の悪さが全くないのです。実際そのあと何も飲みませんでした。

飲むことへの抵抗感が全くなくなるような液体でした。

女性はまあまあ精子を飲む機会があると思ったので、

これを何人かの女性に話してみたところ、

人によって味が全然違うという意見をもらいました。

体調によって多少味は変わるけど、基本的にその人の味はだいたいいつも同じというのです。

だからボクのはオクラの味でしたが、他の男性はみんな味が違うということになります。

こんなことを知れただけでも飲んでよかったと思えました。

まとめ

悪いことは言いません。

一度くらい自分の精子を飲んでみたらいいと思います、本当に。

それくらい新鮮な体験でしたし、飲んだあと嫌な気持ちには一切なりません。

逆に清々しい気分でした。新しい自分を発見した気がします(笑)

一度自分の精子を飲むと、次回からは抵抗なく自分の精子を飲めるようになります。

においやイメージから自分の精子なんて飲めるわけないだろって思いますが、

実際飲んでみるとそんな思いは崩れ落ちるはずです。

もともと自分から出るもので排せつ物ではないんですよ。

他人の精子だとさすがにちょっと抵抗はありますが、自分なら全然大丈夫です。

ちょっと世界が変わりますので、本気で試してみてほしいです!

あっ、補足。

直で精子を飲めな人は、コップの中に射精してすぐに飲めばOKです。

そのまま飲むのに抵抗があるなら、牛乳など入れて飲めば全く気が付きませんよ。

まあ、なにかで割って飲むくらいならやらなくてもいいですけどね(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする