男が自分の精子を飲めるようになると役立つあれこれ

コンドウです。

最近、精子を飲む記事がやたら伸びています。

男だけど自分の精子を飲んでみた。まずくない!飲む方法とコツ教えます。

ぜひ読んでくれた方が実践してくれているといいなぁと思いつつ。

ていうか、

もし実際に精子を飲んでみた方がいたら聞きたいんですが、

自分の精子って全然余裕で飲めませんでした?

ボクとしては一度飲めば次から全く抵抗なく飲めると思うのですが…。

さて今回は、

自分の精子を飲むことの活用法

について考えてみました。

Hの時に出した自分の精子を飲む

精子を飲むことに抵抗がなくなったボクは

Hの時に自分が出した精子を飲むことにしました。

体外射精でおなかに出した精子をティッシュで処理せずにそのまま飲むのです。

普通に考えておそらく初めてHした時、ほとんどの女性はひくでしょう。

この人何してるんだ…と。

まあ、自分で出した精子を自分で飲むわけですから。

実際に何人かの人に試してみましたが、

だいたい

え、ちょっとwwなにしてんのww

みたいな反応でした。

当然そうなるので、

男だけど自分の精子を飲んでみた。まずくない!飲む方法とコツ教えます。

上記の記事で書いた

自分で精子を飲んでみて平気だった

というくだりをそのたびに話しました。

今のところこれが原因で関係が悪くなったことはありません。

逆に「ちょっと変な人」「面白い人」という印象を与えたような気がします。

自分の精子を自分で飲むなんてありえない!きもい!

精子を飲んだその口でキスとかされるのとか無理!

相手が上記のような人なら別れる原因になりえますが、

慣れというものは恐ろしいもので

最初はびっくりしていてもそのうち

彼の性癖のひとつ

くらいの認識になっていくことがほとんどだと思います。

とりあえずインパクトとしては十分です。

相手の反応を見るだけで楽しいです。

Hのあとに自分で精子を飲むメリット

Hの流れ・雰囲気を壊さない

男性がイった後、ティッシュでふき取るという行為は

セックスの流れを完全に断ち切ります。

しかし!

出した精子を飲むとそれが損なわれません。

おなかに出した場合、

おなかの精子を口でゆっくり吸い取ることは

ほぼ、おなかを愛撫するような感覚です。

ティッシュを使うとなんとなく

はい、セックス終わりましたー!

みたいな雰囲気になりますが、

愛撫をするように精子を口で吸い取り飲み込むことができれば、

セックスが中断される感じがないまま、

そこからまた体を愛撫したりとスムーズな後戯に移行できます。

もしお相手がイったあとの男性器を口できれいにしてくれる人であれば

まったくティッシュで拭き取るという行為自体が必要なく

そのままの流れで寄り添って添い寝を始めたりすることもできるのです。

最高の形のアフターセックスの流れが作れます。

精子が飲めることで実現できるスマートセックスです(どや)

おなかに出した精子をお相手の口へ移動できる

これは極めて個人的なことですが、

ボクの特定のお相手の女性がちょっと珍しいタイプで…。

一般的に精子を飲みたがらない女性がほとんどだと思うのですが、

お相手は逆に「精子飲ませて!」という人なんです。

顔に出したがる男性が多いのはAVがもたらした弊害で

一般的に全く歓迎されない(嫌がられる)行為だと思いますし、

実際男性のボクでもそう思うので、

これまでゴムをしない場合はおなかに出していました。

女性に嫌がられるという理由以外にも、

単純に顔に出すのって結構大変なんですよね。

抜いてから出さずに顔まで移動しなければいけない。

これが案外難しい。

ボクはちゃんとゴムをつける派なので

基本的にあまり生ですることはないのですが、

場合によって生でする時はおなかに出していました。

しかし

今のボクは顔や口に出すことを求められているのです。

大変です。

で、

タイミング的に顔まで移動するのが間に合わない場合もあり、

その時は仕方なくおなかに出すわけですが、

その時に精子を飲めることが役に立つのです。

おなかに出した精子をきれいに自分の口で吸いとり、

それをそっとお相手のお口にいれてあげるのです。

時には自分の口に含んだ精子をお相手にあげるふりして

飲み込むというイジワルをしてもよいでしょう。

これは、精子を飲むことに抵抗がないからこそ

「お前の精子を飲ませろ!」

というお相手の性癖に対応できているのです。

精子に対する抵抗感をなくさせることができるかも

俺は精子を飲んでもらいたいんだ!顔射したいんだ

という願望が強い男性は、

お相手に単に要求するのではなく、

お相手が精子に対する抵抗感をなくす努力が必要だと思います。

その願望に対してウェルカムなお相手なんて少数だと思いますから。

そのための一つの手段として

Hのあと自分の精子を飲み続けることが有効だと思うのです。

男性がおなかに出した精子を飲む行為を続けていたら

次第にお相手の女性も「飲む」行為自体に違和感を感じなくなり

最終的に「自分も飲んでみようかしら」という

思考になっていくかもしれません。

ひとりでした時も飲む!ゴミ箱からにおわない

ひとりでする時でもそうですが、

精子はティッシュにまるめてゴミ箱に捨てるのが一般的だと思います。

そうすると当然あの精子独特の香りがゴミ箱から漂います。

1人暮らしなら特に気にすることもないと思いますが、

家族と同居している場合など気になるわけです。

例えば母親が息子の部屋のゴミを集めにくると

やっぱり分かるわけです、においで。

まあ健全な行為なので別にいいわけですけど、

やっぱりバレるのが恥ずかしいと思う人もいると思うんです。

痕跡を残さないためにすぐ思いつくのは、

トイレットペーパーに出してトイレに流す方法だと思いますが、

トイレットペーパーは水に溶けやすいので、すぐ紙があそこにくっつくんですよね。

ちょっと大変。

そんな時にはこれ。

精子を飲んでしまう!

飲んでしまえば全く痕跡が残りません。

今は一人暮らしなのでしてませんが、

家族と暮らしていた学生の頃にもし精子を飲めるようになっていたら

毎回飲んでたかもしれません。

まとめ

精子を飲めるようになると、このように色々と良いことがあります。

今のところ精子を飲めるようになって

メリットはあってもデメリットはありません。

出した精子はどうしても飲みたいんだー!

みたいな性癖があるわけでもないので、

ライトな感覚で精子飲みライフが送れます(なんだそれ)。

別に強くおすすめはしませんが、

ネタのひとつとして自分の精子を飲んでみるだけでも面白いです。

自分の中で何かが変わるかもしれません。

あ、最後に念のためですけど

避妊や性病予防のためにも不特定の相手との性交渉の際には

コンドームを着用することをおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする