糖質制限中に甘いお菓子やスイーツを食べて最高にトリップする方法

コンドウです。

甘いものは人に快楽を与える力があります。

それは脳科学的に証明されています。

甘いものは脳内報酬系を刺激して活性化させることで、

ドーパミンやβーエンドルフィンの産出が促進され、

それによって人に快感を生じさせます。

またグルコースは脳のエネルギー源なので、

脳にしてみればどんどん摂取したいもの。

脳は甘いものを求めるのです。

しかし怖いのは依存性です。

なんと甘いものはコカインよりも中毒になりやすいということが

動物実験で明らかになっています。

それほどまでに甘いものは依存性が高いのです。

心当たりがある方も多いのではないでしょうか?

この記事では、

糖質制限しながら、少しの甘いもので最大限の悦楽を感じられる方法について考えます。

はじめに

甘いお菓子やスイーツって最高ですよね。

手軽に幸せな気分を味わえる魔法のような食べ物で、ついつい食べ過ぎてしまいます。

僕も甘いものが大好きで、長い間何も気にせず食べたい放題食べてきました。

完全に砂糖の中毒でした。

ところが栄養について勉強してみるとですね、びっくりするわけですよ。

普段の自分の糖質の摂取量に。

毎日とんでもない量の糖質を摂取していました。

糖尿病まっしぐらです。

それに気が付いて糖質制限を始めたわけなのですが、

やっぱり甘いものは食べたいわけです。

あまりストイックに制限して逆にストレスになるくらいなら、

節度を決めて多少は甘いものを食べようと思ったのですが、

どうせ食べるならありがたみを最大限に感じながら食べたいと。

そう思い、精神を統一して全神経を集中してお菓子を食べてみたところ、

非常にハッピーになれることに気が付いてしまったのです。

甘いものを食べてトリップするために

甘いものを際限なく食べられるなら当然満足できるでしょう。

しかしそうはいかない。

食べられる量が少ないからこそ、

食べるタイミングと食べる環境を最高の状態にしてやることで、

食べた時の悦びが大きくなります。

それによって軽いトリップも感じられるようになるのです。

甘いものを強く渇望するここぞというタイミングで食べる

身体が強く甘いものを渇望するタイミングで甘いものを食べましょう。

渇望感が最も強い時に食べれば、それだけ快楽も大きくなります。

僕の場合は主に食後です。

食後=デザートという反射があるのかもしれません。

タバコをやめてからそういう習慣がついてしまったこともあると思います。

脳でエネルギーが使われすぎてグルコースが不足するような状況でも、

人は甘いものを強く欲します。

頭を使う仕事の合間などの摂取もかなり快楽度が高いはずです。

全身全霊を込めて食べる

何か他ごとをしている時と、それに集中している時、

どちらがよりそれについて正しく感じ取る事ができるでしょうか?

言うまでもなく、集中している時ですよね。

例えばHをしている時、

一方的に愛撫されている時は最大限快感を享受できますが、

69だと相手への愛撫に意識が向かうため得られる快楽が半減しますよね。

変なたとえですいません。

でもそういうことです。

甘いものを食べることも同じです。

テレビを見ながらとか、話しながらとかはダメってことです。

自分と甘いもの以外にはなにもない、完全に甘いものと向き合う形で食べるのです。

甘いものを食べることはとても神聖な行為です。

甘いものを食べることはとても悦ばしき行為なのです。

そう思い、甘いものを食べるときは厳かにいただきます。

そのために身の回りをきれいにして、目の前にあるのは甘いものだけという環境を作ります。

精神を統一します。

食べる前に座禅・瞑想をしてもかまいません。

とにかく全神経を甘いものを食べることに集中します。

身体にもこれから甘いものが入ってくることを知らせ、

甘いものを渇望する状態にしておきます。

期待感をマックスにするのです。

この時、脳の中で期待物質のドーパミンがドバドバ出ていることでしょう。

食べる前にゆっくりと甘美な甘い香りを嗅ぎ、

そして静かにゆっくり口の中に入れるのです。

目を閉じて口の中に広がる甘みを楽しみます。

身体を弛緩させ身体の反応を感じつつ、甘いもののおいしさを堪能します。

僕の場合ですが、

目をつぶりながら口の中で甘いものを味わっていると、

まず手のひらがポカポカと暖かくなるような感覚を覚えます。

そしてゾクゾクと顔のあたりから体中に弱い電流が走るような感覚がやってきます。

少しの間ふわーーーっと心地よい快感が身体を漂います。

何も考えず節操なく好きなだけ甘いものを食べていた時には感じられなかった感覚です。

そりゃそうです。

自分の身体の中で起こっている微妙な変化や反応を気にしようと思ったことすらなかったのですから。

あえて身体の声を聞いていくと、身体のいろんな反応に気付くことができます。

それは身体の不調であったり違和感であったりいろんなことに気付けるわけですが、

一方で静かに起こっている快楽や快感といった感覚もつぶさに感じることができるようになる

のです。

甘いものを食べる時も同じ。

甘いものを前に精神を沈め、全神経を集中させ、

におい・味覚・体の反応・脳の反応に全神経を集中させながら、

ゆっくりじっくり甘いものを吸収していく。

そうすることで、甘いものを食べることで得られる今まで気が付かなかったような快感を最大限に感じることができるようになるのです。

ちょっとの甘いものがあれば至福の時間を作りだすことができるというわけなのです。

まとめ

身体が最も欲するタイミングで全身全霊で食べる。

そして静かに身体の反応を観察する。

やることはただこれだけです。

これだけで快楽を感じることができるのです。

もちろんもっと食べたいという欲求は普通にやってきます。

ただ、これだけと決めて全身全霊で食べるので

何気なく甘いものを食べている場合より

よっぽど欲求を抑制することは簡単です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする