LINEグループチャット初心者でも管理人として運営管理できる方法

コンドウです。

日課「1日1初体験」の一環で、

LINEのグループチャットの参加経験がほとんどないボクが、

LINEのグループチャットを立ち上げて運営してみました。

初心者でも簡単にグループチャットを立ち上げて運営する方法をお伝えします。

LINEグループチャットとは?

LINEにはグループチャットという機能があります。

グループを作った人と友達として繋がっている人を招待し、招待された人がそれぞれ友達として繋がっていなくてもチャットができるグループです。

知らない人同士のコミュニティの場として機能させることができます。

とりあえずLINEグループチャットに参加してみる

ボクは一度もLINEのグループチャットに参加したことがありませんでした。

そんな状態で立ち上げてもうまくいくわけがないので、まずLINEのグループチャットに参加することからはじめました。

ボクが探したのは「ジモティー」でした。

「ジモティー」のメンバー募集に、地元の地域コミュニティのグループチャットの募集があったので、申し込みをして入れてもらうことになりました。

結論としては

LINEグループチャットに参加して実際に利用してみる

のが一番手っ取り早いです。

あっというま間に理解できます。

また、

管理人をしている人の運営の動きがよく見えるので非常に参考になります。

LINEグループチャットのいろんな機能を駆使して運営しているのがとても勉強になります。

できれば複数のグループチャットに参加する。

そしてそれぞれの管理人のいいところをマネする形で

自分のグループチャットを立ち上げるのが一番よいと思います。

実際にLINEグループチャットを立ち上げてみる

メンバーを募集する前に、グループチャットを立ち上げてしまいましょう。

実際に立ち上げる前に、適当なグループを練習用に作っていじり倒すのが一番いいです。

【グループの作り方】

LINEアプリの一番左「友だち」タグから、

人の姿+をタップして、グループ作成を選択します。

メンバー追加に自分を選択して1人で使う形にすればOKです。

LINEグループチャット機能を練習で使い倒す

覚えておいて損はない機能をいくつかご紹介します。

練習用のグループチャットでいろいろいじって使えるようになってください。

とても簡単です。

ノート

グループの右上のノートのアイコンをタップすると、ノートが表示されます。

ここにグループチャットにおけるルールなどを、メンバーに向けて書いておきます。

ある程度のルールを決めておいた方が、グループチャットを管理する上で楽ですしスムーズな運営ができます。時々変わったメンバーなどがいたりしますので。

・相手に対して思いやりを持って楽しいチャットを心がけましょう
・悪口や中傷などがあったら退会してもらいます
・チャット上で個別チャットに誘うなどナンパ行為とみなされることは禁止します

上記のようなルールを決めておくとよいでしょう。

ただしあまりガチガチにルールを決めてしまうと、居心地が悪く窮屈で退会してしまう人が多くなる可能性がありますので、ほどほどにしておくのがよいです。

新たにグループに入会した人には、ノートに目を通しておくように伝えればOKです。

アルバム

アルバムには写真をグループ分けして追加することができます。

そのため自己紹介のページをアルバム内に作ると捗ります。

グループ参加者に自己紹介を書いた画像を1枚用意してもらい、自己紹介と名付けた先にそれをアップしてもらうのです。

手書きで書いた自己紹介を写真で取ってもらったものでも、テキストで書いたものでも、なんでもOKにしておけば、画像を用意する方も気軽にできると思います。

こうしておくことで、アルバムの自己紹介を見ればグループに参加しているメンバーの自己紹介をまとめて閲覧する事ができるようになります。

イベント

グループチャットをやっていれば、もれなくオフ会も発生します。

そんな時に便利なのがイベントです。

右上の「V」をタップすると、「イベント」という項目があります。

ここでイベントを登録すると、イベントの詳細や参加不参加の投票ができるようになります。

イベント管理が簡単にできてとても便利です。

まとめ

このように、

まずはグループチャットに参加して基本的なことを知る。

その上で、練習用に自分ひとりのグループを使って機能を試しに使ってみる。

あとはメンバーさえ集めてしまえば簡単にグループを作る事ができますよ。

ちなみにボクがLINEのグループチャットを作ろうと思った理由は、

ヘヴィメタルが好きでカラオケでメタルを歌いたいのですが、

普通のカラオケの場でメタルを歌うとだいぶ浮いてしまうので、

メタルカラオケで盛り上がれる仲間が欲しかったからです。

このような流れで今はメタルカラオケのグループを作って運営しています。

メンバーは「ジモティー」で募りました。

是非あなたも自分の好きな仲間を集める手段として、グループチャットを利用してみるのはいかがですか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする