人生でやりたい100リストより1日1初体験の方が人生が変わる理由

コンドウです。

夢をかなえるために「人生でやりたい100リスト」というものがあります。

「やりたい 100」などでググってもらえれば、

多くの人が「人生でやりたい100リスト」を実践してブログに載せています。

これは作家ロバート・ハリスの「人生の100のリスト」がもとになっています。

ロバート・ハリスはこう言っています

「人生でやりたい100のリストは自分自身の生き方を見つめなおし、やりたいこととやるべきことを明確にしてくれる人生の羅針盤だ」

僕が「人生でやりたい100のリスト」を作ってみたら

「人生の100のリスト」は、確かに自分のやりたいこととやるべきことを明確にする意味で秀逸な方法だと思います。

僕も作りました。

最初の20~30個はサクサク出てくるのですが、そのうちすぐには出てこなくなる。

ブレインダンプをして頭にあるものをすべて紙に出し尽くそうとするんですが、

やはり100個には数が足らない。

そして数を合わせるために、

そんなにやりたくないようなことを書いたり、

やたら抽象的なタスクにしたり、

世間一般でやるべきと思われているようなことを書き出したり、

結局中途半端なリストになりがちです。

また一気に作り上げてしまうので、その後書いたことを忘れてしまい、

熱がスッと冷めてしまうということがどうしても起こりがちです。

僕のやり方が悪いのかもしれませんが、

一般的にそうなってしまう人が多いのではないかと思います。

実際にブログで「人生でやりたい100のリスト」を書いている人はたくさんいましたが、

やたらと抽象的だったり大きい事ばかり書いていて全く達成できていない。

また、作ったことに満足してそのまま終わってしまっている人の多いこと多いこと。

それにたいして1日1初体験は、別にやりたいことをやるチャレンジではありませんが、

結果としてやりたいことを達成するチャレンジになります。

1日1初体験をやることで得られる素晴らしいこと

1日1初体験を実践しているといくつものとても素晴らしい習慣や行動が身に付きます。

・1日1初体験では毎日新しい行動について考えるようになります。

・毎日「今日はどんな初体験をしようか」を考えるので、思考が習慣化します。

・常に新しいもの、自分が知らないもの、やったことないことを探すようになります。

・今までなら気づけなかった様々なことが目に入るようになり、一気に世界が広がります。

・やりたいことという大きなものではなく、小さな些細なことの達成が積み上がっていきます。

少なくとも上の事が習慣的に身につくようになります。

これってものすごい事だと思いますよ。

常に新しい行動をしようという習慣が身に付き、それを実践していくわけですから。

1年続けてみてください。

おそらく人生が変わるくらい自分の中に変化が生まれている事を実感できるはずです。

まとめ

「人生の100のリスト」と「1日1初体験」。

どちらかを選べと言われれば、間違いなく1日1初体験をおススメします。

ただ、できることなら両方やってみてください。

「人生の100のリスト」は「1日1初体験」の補助的な役割を担う事ができます。

常に考えるのは「1日1初体験」のことで、

「人生の100のリスト」はやりたいことを忘れないためのリストとして十分機能します。

「人生の100のリスト」は、別に100にこだわる必要はないし、

またいつでも思いついた時にどんどん更新して増やしていけばいいのです。

とにかく、

「1日1初体験」は本当におすすめできます。

是非実践してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする